仮想通貨の疑問

アルトコインとは?投資するメリットはあるの?【将来有望なコインの特徴】

アルトコインとは?投資するメリットはあるの?【将来有望なコインの特徴】
仮想通貨のアルトコインってなんですか?ビットコインとは何が違うの?初心者にもわかるように教えてください。

 

記事を読むとわかる内容

  • 仮想通貨のアルトコインとは
  • アルトコインに投資するメリット

 

本記事は、仮想通貨のアルトコインについて初心者向けに解説した記事です。

 

アルトコインに投資するメリットもあわせて解説していますので、これから仮想通貨を始める方はぜひご覧ください。

 

仮想通貨のアルトコインとは

 

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)のことでして「Alternative Coin(オルタナティブコイン)」の略称です。

 

アルトコインの代表格には「ETH(イーサリアム)」や「XRP(リップル)」などがありますが、日本では「MONA Coin(モナコイン)」が有名でしょう。

 

その他時価総額が低いアルトコインは1,000種類以上ありますが、その中でも将来有望なアルトコインの特徴や見分け方について初心者の方でもわかるように解説していきます。

 

アルトコインに投資するメリット

 

  1. 大きく稼げる可能性がある
  2. 分散投資で損失リスクを回避できる
  3. ビットコインよりも優れている

 

大きく稼げる可能性がある

 

アルトコインに投資する1番のメリットは、ビットコインよりも大きく稼げる可能性があることです。

 

一見価値の高いビットコインの方が儲かりそうですが、アルトコインは通貨の価格も安くボラリティ(価格変動の幅)が大きく活発なため、言ってしまえば一発逆転の可能性がある通過なのです。

 

もし、将来有望なアルトコインを見つけることができれば、億り人も夢ではありませんね。

 

分散投資で損失リスクを回避できる

 

アルトコインに投資することで、損失リスクを最小限に抑えながら仮想通貨に投資をすることが可能です。

 

たとえば、ビットコインの場合は価格が大きく下がれば、その分資産も大きく減ってしまいます。

 

しかし、元々の価格が安いアルトコインであれば、たとえ価格が下がったとしてもビットコインに比べて損失のダメージが少なく済みます。

 

自分の資産を手堅く増やしたい人にも、アルトコインはおすすめですよ。

 

ビットコインよりも優れている

 

ビットコインより優れていると聞くと、ビットコインよりも凄い通貨なの?と思う人もいると思いますが、実はそういった意味の優れているではありません。

 

ビットコインには、スケーラビリティという問題がありまして、これがビットコイン成長の大きな足枷になっています。

 

スケーラビリティ問題とは?

利用者の増加によって取引の承認に時間がかかり、送金や決済の速度が遅くなってしまう問題のこと。

 

上記の問題を解決しているのが、アルトコインの大きな特徴で、これによってビットコインよりも優れているというわけです。

 

初心者におすすめのアルトコイン3つ

 

アルトコインの将来性について少し理解していただけたと思いますが、では実際にどのアルトコインに投資をすればいいか悩みますよね。

 

そこで、初心者におすすめのアルトコインを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

①:イーサリアム(ETH)

初心者におすすめなポイント

  • ビットコインに次ぐ時価総額2位のアルトコイン
  • スマートコントラクト機能を備えている
  • NFT分野でも注目されている

 

イーサリアムは、ビットコインの次に時価総額が高く、NFTの分野でも高く評価されているアルトコインです。

 

近年話題の「NFT」の分野でも注目されており、イーサリアムを利用してアート作品を購入すると所有権を証明することも可能になりました。

 

今後の動向も期待されており、今一番注目されているアルトコインと言っていいでしょう。

 

②:リップル(XRP)

初心者におすすめなポイント

  • 企業が運営している
  • 総発行数1,000億枚がすべて発行済み
  • 早い送金システム

 

リップルは、その他の仮想通貨とは違い企業が運営しているアルトコインです。

 

通常、仮想通貨は「非中央集権型」と呼ばれる、特定の団体・主体が存在せず、集合知で意思が決定されるモデルが多いですが、リップルはそういったコインとは別のモデルです。

 

また、リップルの特徴として送金の早さがあり、数秒で取引が可能なうえに、手数料も安価であることが特徴です。

 

③:ネム(XEM)

初心者におすすめなポイント

  • アポスティーユ機能
  • 処理スピードの早さ
  • トークンを発行できる

 

ネムは、ブロックチェーン技術の強みである「改ざんされないこと」を応用できる独自機能を備えています。

 

たとえば、美術品の所有権や契約のデータなど「書き換えられたら困ってしまうデータ」などへ応用できる拡張性を持っています。

 

また、ネムは独自のブロックチェーンを持っているため、ユーザーによるトークンの発行が可能です。

 

まとめ

 

アルトコインの特徴やメリット、将来性のあるコインについて解説しました。

 

アルトコインは、ビットコインに比べて時価総額が安いものが多いため、比較的資金が少ない場合でも手軽に購入できるのが大きなメリットです。

 

また、アルトコインの価値が上がった時には、大きな利益を受け取ることもできるため、多くの人が参加しているのが特徴です。

 

ビットコインへの投資とあわせて、アルトコインへの投資も行っておくと、一点集中のリスクを回避しつつ運用ができます。

 

今後値上がりする前に仕込むことが重要ですので、取引所で購入しておくことをおすすめします。

≫【無料】コインチェック口座開設5つの手順【完全初心者向け】

-仮想通貨の疑問