仮想通貨の疑問

「仮想通貨はやめとけ!」と言われる5つの理由【損しない買い方】

「仮想通貨はやめとけ!」と言われる5つ理由【損しない買い方】
仮想通貨を始めようと思っているんですが、やめておいた方がいいですか?色々調べると「やめとけ」という人がいて不安です…。初心者が始めてもいいか教えてください

 

記事を読むとわかる内容

  • 仮想通貨はやめとけと言われる理由
  • 仮想通貨の上手な買い方

 

本記事では、仮想通貨はやめとけと言われる理由、おもにデメリットに焦点を当てて解説します。

 

これから仮想通貨を始めようと考えている初心者の人は、本記事を参考に仮想通貨を始めるかどうか検討してみてくださいね。

 

仮想通貨はやめとけと言われる5つの理由

 

仮想通貨はやめとけと言われる主な理由をまとめました。

 

  1. 変動率(ボラリティ)が高いから
  2. ハッキングのリスクがあるから
  3. ギャンブル性があるから
  4. 権威を持つ人の発言で値動きがあるから
  5. 仮想通貨はまだ発展途上だから

 

変動率(ボラリティ)が高いから

 

変動率というと難しく聞こえますが、わかりやすく言い換えると「価格の値動き」のことです。

 

仮想通貨が話題に上がり始めた2017年当初は、ビットコインの価格が85,000円程度でしたが、同年の12月には230万円にまで価格が暴騰しました。

 

これによって仮想通貨で大儲けした「億り人」と呼ばれる人が話題になりました。

 

しかし、反対に仮想通貨は暴落することもありますので、ハイリスク・ハイリターンだということを忘れてはいけません。

 

ハッキングのリスクがあるから

 

仮想通貨は、過去から現在に渡って何度もハッキングの被害にあっています。

 

たとえば、2018年には大手取引所から580億円相当の仮想通貨が流失したこともありました。

 

完全に安全な投資ではない」と理解しておくことも大切です。

 

ギャンブル性があるから

 

仮想通貨は先にも紹介した通り、変動率が高い投資です。

 

そこには少なからずギャンブル性があり、過去に仮想通貨で財産を溶かしてしまった人もいます。

 

わずか数分、数時間で価格が大きく動く仮想通貨はハマってしまうと大切なものを失う可能性があることを理解しておきましょう。

 

権威を持つ人の発言で値動きがあるから

 

仮想通貨は著名人の発言によって価格が大きく上下することがあります。

 

たとえば、電気自動車のテスラCEO「イーロン・マスク氏」が、DOGE(ドージ)コインについてツイートしたところ、その価格が50%も上昇しました。

 

数多くの著名人の発言により、仮想通貨の価格が上下するため初心者にとっては予測が難しい時もあります。

 

逐一セレブの発言に時間を使うことはできませんので、やめとけと言われる理由としてあげられます。

 

仮想通貨はまだ発展途上だから

 

仮想通貨は誕生してからまだ年月が浅いです。

 

つまり、現在発展途上にあり、この先どうなるかは誰にもわかりません。

 

こうした不確定要素の大きいコインに投資をすることは、その将来性や利便性にお金を預けることになります。

 

例えるなら、田舎の小さな個人商店や中小企業の会社に投資をするようなイメージですので、先のことはどうなるかわかりません。

 

こういった多くの理由から、仮想通貨はやめとけと言われますが、上手な買い方をすれば低リスクで仮想通貨を運用することができます。

 

初心者におすすめの方法を紹介するので、参考にしてみてください。

 

仮想通貨の上手な買い方

 

  • 余剰金で購入する
  • 一発逆転を狙わない
  • レバレッジはかけない

 

余剰金で購入する

 

仮想通貨を購入する際は、必ず余剰金で投資しましょう。

 

余剰金というと難しく聞こえますが、簡単にお伝えすると「余ったお金」のことです。

 

家賃や生活費など生きていく上で必要なお金には手をつけず、その中で余ったお金で仮想通貨に投資することで安全に売買が行えます。

 

一発逆転を狙わない

 

仮想通貨を購入する人の多くは一発逆転を狙って購入する人が多いですが、こういった目的で購入するのはやめておきましょう。

 

なぜなら、仮想通貨で一発逆転するには多額のお金をかけなければいけないからです。

 

仮に一発逆転を目指すなら300万円や500万円を投資して、価格が大きく上昇した時に売ればいいのですが、人生そんなに甘くありません。

 

少しずつ積立ながら投資する方がよっぽど利益が出るでしょう。

 

レバレッジはかけない

 

レバレッジとは、手持ちのお金よりも何十倍の掛金で取引ができるシステムのことです。

 

たとえば、10万円しか投資できるお金を持っていない場合でも、10倍のレバレッジをかけると100万円の元手で売買ができるようになります。

 

掛金が大きくなればその分リターンが大きくなりますが、リスクも比例して大きくなります。

 

最悪の場合、借金をしてしまう可能性もありますので、レバレッジは投資に慣れてきてからトライするようにしましょう。

 

-仮想通貨の疑問